ホームブログ記事 ≫ 融雪 TOSOKEN ≫

Blog 記事

秋田融雪|屋根融雪・ロ-ドヒ-ティング

融雪 秋田

融雪

「融雪システムにはどのような種類がある?屋根融雪やロードヒーティングについて!」
 
特に雪国に住まれている方には負担になっているであろう、除雪。
 
しんしんと降り積もる雪や煌びやかな雪景色を見るのはとても癒されますが、やはりお家周辺の除雪となれば話が違いますよね。
 
「少しでもいいから除雪の作業を軽くしたい」と考えている方も多いかと思います。
 
ということで今回は、融雪システムについて、どのような種類があるのかなど様々な面から見ていきましょう。
 
 
 

融雪システム

「融雪システムは屋根の上や駐車場などで重宝!」
 
雪国のお家では、時に“雪”という存在が生活の中心となることもありますね。
 
「お家出る前に少し雪をどけないと車を出せない」「屋根の上の雪を下ろさないと重みが心配」など心配事は様々です。
 
こういった生活の中心にある除雪作業こそ、「もっと時間を短縮させたい」と感じるでしょう。
 
そうした時に活躍してくれるのが、融雪システムですね。
 
「屋根の上の雪を下ろす作業を短縮させたい」と思えば屋根融雪ですし、「駐車場の雪を何とかしたい」と思えばロードヒーティングもあります。
 
更に屋根融雪の中でも様々と種類わけができますので、ここから細かく見ていきます。
 
 
 
「屋根融雪にはどのような種類がある?」
 
さて、まずは屋根融雪から見ていきます。
 
「お家にかかる雪の重みが心配」という方はぜひ検討してほしいものになります。
 
「ルーフヒーティング」なんて呼ばれ方もするようですが、屋根融雪には
 
水道水散水方式
電気ヒーター方式
屋根裏・表面施工方式
 
など様々あるそうです。
 
 
散水消雪タイプ
「水道水散水方式」
 
仕組みとしては簡単で、積もっている雪に水をかけてシャーベット状に質量を減らすというもの。
 
とはいえ気をつけなければならない点があり、それはスノーダクト屋根や陸屋根の場合は溶かしきらなければ重量を増して凍ってしまう恐れがあるという点です。
 
更には屋根に対して配管を行わなければならないので、住宅としてビジュアル面で損なわれる可能性もありますね。
 
 
電気融雪
「電気ヒーター方式」
 
これは狭いところの融雪に向いている方式です。
 
というのも、ランニングコストもそこそこかかるのに加え、融雪の力量でいうとあまり期待できないようです。
 
とはいえ耐久性もありますし、ビジュアル的にも損失のない施工ができるといったメリットがあります。
 
 
「屋根裏施工方式」
 
これは不凍液を暖房で温めて屋根裏に配管を通じて巡らせるといったもの。
 
しかし北海道などでは屋根裏に断熱材が入っている場合もあるので、必ずしも施工ができるといったものではありません。
 
とはいえ雪国でも比較的暖かいところでも施工ができるといった点はメリットですね。
 
屋根の裏であるのでビジュアル的な心配はそこまで要りませんが、やはり暖房であるのでランニングコストは心配です。
 
 

「ロードヒーティングにはどのような種類がある?」
 

ここまでは屋根融雪について解説してきました。
 
ということでここからは、駐車場などで使用したいロードヒーティングについてまとめていきます。
 
ボイラー方式
電熱線方式
 
の2つを見ていきます。
 
 

ロ-ドヒ-ティング
「温水ボイラー方式」

 
こちらも不凍液を使って溶かすもので、ボイラーで加熱した不凍液を路面の下のパイプに流し、雪を溶かすというものです。
 
灯油かガスかどちらかで熱を生むのですが、大概は灯油のタイプが選ばれているようですね。
 
しかしガスも灯油もどちらとも価格が上下するものであり、値段が高騰すればそれなりにコストはかかります。
 
コストはかかるものの、溶かす力というのはしっかりとしたものなので、駐車場など広範囲に使用する際にはおすすめできます。
 
 
「電熱線方式」
 
路面の下に電熱線を通して融雪するこの方式。
 
ボイラーを使用しているとボイラーのメンテナンスも必要となりますが、そういったメンテナンスが必要ないというのも魅力ですね。
 
また、使用した分だけ電気代がかかるので、その点は注意が必要でしょう。
ということは、使用面積が多ければ電気代がかさばるということにもなるので、どういったシーンで使用するのかも含めて検討してみましょう。
 
 

「まとめ」

 
ここまで、様々な融雪システムについて解説してきました。
 
屋根の上の融雪についてやロードヒーティングなど、細かく分類して掘り下げています。
 
屋根融雪の中にも、水道水や電気ヒーター、屋根裏・表面施工といった様々な種類があり、それぞれ違った特色がありました。
 
また駐車場などの融雪に向いたロードヒーティングにも、ボイラーや電熱線などの種類がありました。
 
こういったことから、「自分が使用したいシーンではどのタイプが適しているのか」「どの程度の範囲で使用したいのか」という点を踏まえたうえで選択する必要があるでしょう。


 
弊社で施工している屋根融雪システムは温水循環式屋根表面施工方式です。屋根工事が不要で、屋根材の表面に専用雪止め金具を使用し、積水化学が製造する特殊三層管を屋根上に敷設します。
 
小さな面積から、軒先融雪、全面融雪、大屋根、下屋の切り替え運転などにも対応しており、熱量が高い灯油ボイラ-で屋根も路面にも対応しております。
2021年04月01日 16:30

雪害は忘れたころにやってきます

IMG_屋根融雪
ゆとりある冬を提案する株式会社東創建です。
温水循環式屋根融雪システム、ロ-ドヒ-ティングの施工をしております。

今期の冬に備えて融雪設備の導入をご検討してみませんか?
ここ数年雪は少なめに推移していますね。皆さんもマッタリと雪はそんなに降らないよ~
と思っていますよね?

そう、雪害は忘れたころにやってきます!

IMG_5875_屋根雪《※雪害対策》


今シ-ズンはラニーニャ現象も発生でかなりの低温気象となる予測です。
豪雪になる確率も必然的に上がります。
豪雪地域での問題は家屋の破損や除雪に関することですが、一番いやなのは雪による近隣トラブルです・・・
施工業者である私でもお客様に接していると、近隣問題を離される方、外で見ていると近所の方が屋根雪の件で文句を言っていたりと、そんな生の現場を見てきています。
雪下ろしは危険な作業です。やれる方も限られており、年々減少もしております。
何より、慣れから生まれる油断により雪下ろし作業中の事故です。
大けがをしたり、最悪命を落とす危険性が背中合わせです。

『備えあれば患いなし』
そんな思いをしないための融雪設備なのです。
安全安心快適な冬の生活
融雪の東創建では秋田の皆様にゆとりある冬をご提案いたします。

最後になりますが、令和の時代の雪国の暮らしでは、雪は降ろす、寄せる、運ぶから雪は融かす時代になりました。
屋根融雪設備、ロ-ドヒーティングのことならナイナイユキ東創建まで~

sasa

crecla_araya_instagram