ホームブログ記事2020年 ≫ 6月 ≫

2020年6月の記事:ブログ記事

情報

本日LIVE配信あるようですね。


次亜塩素酸水溶液普及促進会議設立総会・記念シンポジウム次第(予定)
日時: 6月29日(月) 9:30~12:00 
jia-jp.net/200625.html


「次亜塩素酸水溶液普及促進会議より以下抜粋」

「次亜塩素酸水」を使ってのモノのウイルス対策をする場合の注意事項 ポスター記載事項への質問
〇拭き掃除には、有効塩素濃度80ppm以上のものを使いましょう。
←濃度の根拠はなにか? 報告書では35ppmと書いてあるがどう違うのか。

〇ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを水に溶かして使う場合、有効塩素濃度100ppm以上のものを使いましょう。
← 40~50ppm程度で死活できたと証明できる試験データは多くあり、100ppmの根拠は? 100ppm以下の50ppm、80ppmなど最低これだけで効くという濃度を試験しなかったのはなぜか?

〇元の汚れがひどい場合などは、有効塩素濃度200ppm以上のものを使うことが望ましいです。
←200ppmの根拠は? NITE試験の結果の表記か?

〇十分な量の次亜塩素酸水で表面を80ppmでヒタヒタに濡らす。 ←NITEが実験した結果か?「ヒタヒタ」という感覚的表現はどう実行すればよいのか。

使用法を知らせるポスターなのに現実的な使用法が想像できない。次亜塩素酸水溶液に浸して絞った布巾で十分除菌可能ではないか。スプレーボトルでテーブル全体にスプレーして拭き取ればよいのではないか。

〇アルコールのように少量をかけるだけでは効きません。
←NITEで同量でアルコールとの効果比較試験をしたのか。

〇少し時間をおき(20秒以上)、きれいな布やペーパーで拭き取る。
←20秒以上の根拠は。流水の20秒と混同していないか。
拭き取るのは次亜塩素酸ナトリウムのように「残留物」があるからか?ヒタヒタにしてしまったためテーブルが使用不能になるからか?

〇酸と混ぜたり、塩素系漂白剤と混ぜたりすると、塩素が発生する可能性があります。
←「塩素系漂白剤を酸と混ぜると塩素ガスが発生する危険があります」のまちがいでは?次亜ナトリウムと混同しているのではないか。

〇人がいる場所で空間噴霧すると吸入する恐れがあります。
←NITEの委員会が実験も評価していないものをなぜ記載したのか。
前回5月28日に発表し修正を行った反省が全く生かされていないのはなぜか。今すぐ修正して、QA対応すべき。政府間で評価の祖語があるならば改めてNITEで試験すべき。

〇空気中の浮遊ウイルスの対策には、消毒剤の空間噴霧ではなく、換気が有効です。
←次亜塩素酸水溶液は「消毒剤」ではない。次亜塩素酸ナトリウムと混同しているのではないか。

〇修正されることがあります。
←最終報告後、タスクフォースが解散しても修正可能か。担当箇所はどこになるのか。

〇流水でかけ流す場合、有効塩素濃度35ppm以上のものを使いましょう。
←前ページで80ppmとあるが、使用法で濃度に差があるのはなぜか?

〇装置から生成されたばかりの次亜塩素酸水を用いて流水かけ流しを行ってください。
←「生成されたばかり」とあるのは、保管備蓄タイプのものは適合しないのか。

〇アルコールのように少量かけるだけでは効きません。
←同量の次亜塩素酸水とアルコールとの比較試験をしたのか。

アルコールでも除菌対象によっては少量では効果がないがアルコールの新型コロナウイルスに対する効果の詳細試験は行ったのか。なぜ発表されないのか。

〇製品に、濃度(pH)、有効成分(有効塩素濃度)、使用方法、使用期限の表示があることを確認しましょう。
←pH値とは水溶液の酸~アルカリの位置を示すもので、濃度ではない。誤解を招く。

〇ご家庭等で、次亜塩素酸水を自作すると、塩素が発生する可能性があり、危険です。
←塩素ガスに修正すべきでは。

〇新型コロナウイルスに、次亜塩素酸水を20秒反応させたところ、35ppm以上(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは100ppm以上)で、有効性が確認されました。
←ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムもpH値を微酸性(pH5~6.5)に調整すれば同じ結果が出る。100ppm以下の試験はしていないのではないか。

〇手指等への影響、空間噴霧の有効性・安全性は評価していません。
←前回の誤報道を招いた反省から大きく前面で注意するべき。 

〇本資料では、「次亜塩素酸水」は「次亜塩素酸を主成分とする酸性の溶液」をさしています。食品添加物としても用いられる、電気分解によって生成された「電解型次亜塩素酸水」と次亜塩素酸ナトリウムpH調整やイオン交換、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムの水曜などによって作られた「非電解型次亜塩素酸水」の両方を含むものです。
←定義は最初に書くべき。酸性のものだけではなく、微アルカリのものは含まないのか。中性溶液は含まないのか。

〇人体に付着したウイルスの消毒・除去や、感染の予防・治療を目的とする場合は、医薬品又は医薬部外品としての承認が必要です。現時点において「空間噴霧用の消毒剤」として承認が得られた製品は存在しません。
←この試験自体が効能をしらしめるためのもので、感染の予防に使うよう奨励している。使用者がどう判断してよいのか混乱する記載であり、何を目的に記載したのか?

消毒や除菌効果をうたう商品は、目的に合ったものを、正しく選びましょう。水色チラシへの質問書そもそも今回のNITEの試験で有効とした発表した次亜塩素酸水溶液が記載されていないのはなぜか?全国で広く使用されているアルコールが入っていないのはなぜか?
NITEの報告なのにNITEの試験にかかわらないチラシが発表されたのはなぜか?

〇チェックポイント 使用方法 有効成分 濃度 使用期限
←次亜塩素酸水溶液の場合は、濃度とpH値の確認

〇テーブル、ドアノブなどの身近な物の消毒には、塩素系漂白剤や、一部の家庭用洗剤等が有効です。
←アルコールと次亜塩素酸水はなぜ記載されないのか?

〇まわりに人がいる中で、消毒や除菌効果をうたう商品を空間噴霧することは、おすすめしていません。
←消費者庁が制作したチラシならば危険性を試験した結果は?

空間噴霧できるものは現状では次亜塩素酸水しかない。次亜塩素酸ナトリウムと混同していないか? スプレー式除菌も空間噴霧と考えるのか?



クリクラ新屋
■電 0120-71-7149
■住  秋田市新屋割山町6-10
■開 9:00~17:00 ■休 土曜・日曜・祝日
■e-mail crecla@tosoken-inc.com
■HP https://tosoken-inc.com/

2020年06月29日 08:00

次亜塩素酸水溶液、新型コロナウイルスに有効という結果に

2020_クリクラ新屋
つい先程NITEから最終報告として次亜塩素酸水溶液は35ppm~の低濃度で新型コロナウイルス不活化効果ありと発表ありましたね。
高濃度の次亜塩素酸水ほどリスクが高いこともお忘れなく(-ω-)

今回の新型コロナ騒動で注目を浴びた次亜塩素酸水ですが、元々次亜塩素酸水溶液を除菌消臭・花粉・ウイルス対策として長年、空間除菌消臭やスプレ-で利用されている方も相当数居られると思います。

ZiACOの次亜塩素酸水溶液専用噴霧器製造メ-カ-では累計20万台販売して、現在まで健康被害報告はゼロだそうです。(他メ-カ-は存じかねます)もちろん使用状況は有人、無人、密状態問わずです。ジアコミストは試験空間での安全性も認められてます💁‍♂️

経産省ではウイルス対策に換気をと書いてましたね。それも理解できます。が、
ウイルスは浮遊より付着が殆どです。もし新型コロナが浮遊ウイルスとして感染するとしたら、ジアコはますます効果的かもしれません。

指手の消毒だけで衣類に付着している、顔に付着しているウイルスもありますよね?🙄
そんな時は外出帰宅する度に洗顔しなきゃですね(๑•̀ㅁ•́ฅ✨

NITEの最終報告70ページ以上のシートに目を通しました💦検証報告には物足りなさもあり、少々ガッカリですが、初めから新型コロナウイルスに有効か?有効じゃないか?だけの検証試験ですからね😒
オマケに次亜塩素酸水のインフルエンザウイルスへの有効性も載ってましたね。
次亜塩素酸水溶液の安全性についても、次亜塩素酸水溶液vsアルコールとして比較して欲しいです。

私個人的には空間噴霧の試験もしてほしかったかな🤔

ZiACOの空間噴霧についても第三者試験機関にて安全性が実証されており、安全性の高さを有するジアコミストは理想的な対策の一つとしての方法だと思います。手洗い、マスク、ジアコミストです。
 

有効塩素濃度(ppm、pH)使用期限などはZiACOのHP、パンフレット、クリクラ新屋HPをご覧ください。販売当時から表示しておりますので('ω')ノ

安心安全快適に使用できるジアコを秋田の皆様にご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さいね💕


クリクラ新屋
■電 0120-71-7149
■住  秋田市新屋割山町6-10
■開 9:00~17:00 ■休 土曜・日曜・祝日
■e-mail crecla@tosoken-inc.com
■HP https://tosoken-inc.com/
次亜塩素酸秋田 クリクラ新屋
2020年06月26日 19:00

NITEが行う新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について~よくあるお問い合わせ(令和2年6月13日版)~

000000057

※注.NITEの更新報告より。
ご参考になればと思います。(以下文章)



次亜塩素酸水に関すること

 

Q:
「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は同じものですか?
A:
違うものです。
「次亜塩素酸ナトリウム」は、塩素系漂白剤などの主成分として用いられるアルカリ性の物質で、従来から新型コロナウイルスの消毒に使われています。「次亜塩素酸水」は、電気分解などの手法で作られる酸性の液体で、新型コロナウイルスへの有効性については、現在検証中です。
 
Q:
「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルスに効果がないのですか?
A:
「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。
現在、効果の検証作業を、関係機関の協力を得て進めているところです。塩素濃度や酸性度(pH)等の条件によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証を行う必要があります。
今までのところ、新型コロナウイルスに対して一定の効果を示すデータも出ていますが、2020年5月29日現在、全体として有効性評価を行う上で十分なデータが集まっていないことから、委員会において、引き続き検証試験を実施することとされました。今後、早期に結論を得ることを目標に、検証作業を続けてまいります。

※塩素濃度49ppm(pH5.0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。
 
Q:
「次亜塩素酸水」で手指消毒を行ってもよいのですか?
A:
今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、手指消毒は評価対象となっておりません。
「次亜塩素酸水」を手指や皮膚の消毒で利用することは安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、手指、皮膚での利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。
「次亜塩素酸水」の利用に当たっては、メーカー等の提供する情報等をよく吟味し、ご判断をいただければと存じます。
 
Q:
「次亜塩素酸水」の空間噴霧は行ってもよいのですか?
A:
今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、空間噴霧は評価対象となっておりません。
「次亜塩素酸水」の噴霧での利用は安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、噴霧利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。

「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、確立された評価方法は定まっていないと承知しています。メーカーが提供する情報、経済産業省サイトの「ファクトシート」などをよく吟味し、ご判断をいただければと存じます。
 
Q:
「ファクトシート」は、経産省・NITEの見解として出されたものですか。
A:
本資料は、新型コロナウイルスの消毒において期待される「次亜塩素酸水」について、その販売実態や空間噴霧をめぐる事実関係を、現時点までに得られた情報に基づいて経済産業省がまとめたものです。経産省やNITEとして何らかの見解を示すものではありません。今後、新たな知見が得られましたら随時修正が行われます。
また、「ファクトシート」に記載の内容についてのお問い合わせは、以下にお願いします。


経済産業省 e-mail:daitai-kensho@meti.go.jp
※お電話でのお問い合わせは、経済産業省のコールセンターにお願いします。コールセンター電話番号:0570-550-612
 
Q:
一部報道において、「次亜塩素酸水の有効性は(現時点において)確認されていない」とありますが、これは事実ですか?
A:

次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。
塩素濃度、酸性度等の様々な条件で効果が変化しうることから、有効性評価を行うための十分なデータを集めるため、関係機関に検証試験を進めていただいています。 このため、5月29日付のプレスリリースにおいても、「『次亜塩素酸水』については、今回の委員会では判断に至らず、引き続き検証試験を実施することとされました」と発表させていただいております。「有効性がない」かのような内容を弊機構が公表していると誤解しうる報道も一部にありますが、そうした事実はありません。「有効性がある」、「有効性がない」、または「どういう条件の場合に有効性がある(ない)」のかについて、現時点ではまだ判断できない段階であるとご理解をいただければと存じます。

 

ページトップへ

最終更新日

2020年6月13日

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 企画管理部  広報・イノベーション支援課広報室
TEL:03-3481-6685  FAX:03-3481-1920
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図別ウィンドウで開きます
お問い合わせフォーム


以上となりますが、今後の情報を待ちましょう。
クリクラ新屋
■電 0120-71-7149
■住  秋田市新屋割山町6-10
■開 9:00~17:00 ■休 土曜・日曜・祝日
■e-mail crecla@tosoken-inc.com
■HP https://tosoken-inc.com/

 
2020年06月13日 17:45

噴霧器メ-カ-からのお知らせ

https://www.seiko-giken.jp/news/2020/06/spray-safety.html
2020年06月08日 17:00

クリクラからのお知らせ

「次亜塩素酸水」に関する2020年5月29日(金)の一部報道について

この度、次亜塩素酸水について、経済産業省、製品評価技術基盤機構(NITE)、各報道機関より発表及び報道がありました。
これを受け、弊社製品【ZiACO(ジアコ)】について改めてご案内させていただきます。

ZiACO(ジアコ)は、お客様に安心してご使用いただける適切な濃度、かつ、有効性を担保した製品となっております。
横浜薬科大学総合健康メディカルセンターをはじめとする各機関での試験においても、高い安全性が確認されております。

詳細は下記よりご確認ください。
http://www.crecla.jp/news/kennkai0601.pdf
shikennkekka2[1]

今後も行政の発表に注視し、お客様に適切な情報提供ができるよう努めてまいります。

クリクラHPより

クリクラ新屋
■電 0120-71-7149
■住  秋田市新屋割山町6-10
■開 9:00~17:00 ■休 土曜・日曜・祝日
■e-mail crecla@tosoken-inc.com
■HP https://tosoken-inc.com/
次亜塩素酸水秋田 クリクラ新屋

2020年06月01日 12:30

独立行政法人製品評価技術基盤機構の追加発表

ziaco_crecla_araya

次亜塩素酸水に関すること

 

Q:「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は同じものですか?
A:違うものです。
「次亜塩素酸ナトリウム」は、塩素系漂白剤などの主成分として用いられるアルカリ性の物質で、従来から新型コロナウイルスの消毒に使われています。「次亜塩素酸水」は、電気分解などの手法で作られる酸性の液体で、新型コロナウイルスへの有効性については、現在検証中です。
 
Q:「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルスに効果がないのですか?
A:「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。
現在、効果の検証作業を、関係機関の協力を得て進めているところです。塩素濃度や酸性度(pH)等の条件によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証を行う必要があります。
今までのところ、新型コロナウイルスに対して一定の効果を示すデータも出ていますが、2020年5月29日現在、全体として有効性評価を行う上で十分なデータが集まっていないことから、委員会において、引き続き検証試験を実施することとされました。今後、早期に結論を得ることを目標に、検証作業を続けてまいります。

※塩素濃度49ppm(pH5.0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。
 
Q:「次亜塩素酸水」で手指消毒を行ってもよいのですか?
A:今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、手指消毒は評価対象となっておりません。
「次亜塩素酸水」を手指や皮膚の消毒で利用することは安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、手指、皮膚での利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。
「次亜塩素酸水」の利用に当たっては、メーカー等の提供する情報等をよく吟味し、ご判断をいただければと存じます。
 
Q:「次亜塩素酸水」の空間噴霧は行ってもよいのですか?
A:今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、空間噴霧は評価対象となっておりません。
「次亜塩素酸水」の噴霧での利用は安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、噴霧利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。
「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、確立された評価方法は定まっていないと承知しています。メーカーが提供する情報、経済産業省サイトの「ファクトシート」などをよく吟味し、ご判断をいただければと存じます。

 
Q:「ファクトシート」は、経産省・NITEの見解として出されたものですか。
A:本資料は、新型コロナウイルスの消毒において期待される「次亜塩素酸水」について、その販売実態や空間噴霧をめぐる事実関係を、現時点までに得られた情報に基づいて経済産業省がまとめたものです。経産省やNITEとして何らかの見解を示すものではありません。今後、新たな知見が得られましたら随時修正が行われます。
また、「ファクトシート」に記載の内容についてのお問い合わせは、以下にお願いします。
 
経済産業省 e-mail:daitai-kensho@meti.go.jp
※お電話でのお問い合わせは、経済産業省のコールセンターにお願いします。コールセンター電話番号:0570-550-612



最終更新日

2020年6月4日


お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 企画管理部  広報・イノベーション支援課広報室
TEL:03-3481-6685  FAX:03-3481-1920
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図別ウィンドウで開きます
お問い合わせフォームへ



ジアコの安全性はさまざまな試験機関でその安全性、有効性を実証済みです。何の試験もしていない次亜水と一括りにしないで、適切な言葉で報道をしていただきたいものです。
クリクラ新屋
■電 0120-71-7149
■住  秋田市新屋割山町6-10
■開 9:00~17:00 ■休 土曜・日曜・祝日
■e-mail crecla@tosoken-inc.com
■HP https://tosoken-inc.com/
次亜塩素酸秋田 クリクラ新屋
クリクラ新屋 佐々木
2020年06月01日 12:00

ジアコの空間噴霧による安全性

shikennkekka_ziaco
空気中の塩素濃度に関する労働安全衛生法の基準→0.5ppm

ZiACO→0.05ppm未満
基準よりさらに10倍安全ですね(^^♪

希釈不要でそのまま使えるジアコ。
やっぱすごい・・・
2020年06月01日 11:00
株式会社東創建|クリクラ新屋

株式会社東創建/クリクラ新屋
〒010-1614
秋田県秋田市新屋割山町6-10
電話番号
0120-71-7149
FAX番号
018-823-0355
営業時間
9:00〜17:00
定休日
土・日・祝日

会社概要

モバイルサイト

株式会社東創建/クリクラ新屋スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら